2019-10-04
カテゴリトップ>スイス製EPOS【エポス】
ケース薄さ約6ミリ!スイス製EPOS【エポス】Originale手巻き腕時計/クラシックデザイン/正規代理店商品
メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

スイス製ETA社のCal.7001手巻きムーヴメントを搭載したケース薄さ約6ミリのEPOS【エポス】手巻き腕時計です。1923年にスイスで創業したPeseux【プゾー】社の手巻きムーヴメントCal.7001が、ETA社に吸収されてからも受け継がれています。時計師たちがこのプゾー社の手巻きムーヴメントを基本として技術を磨き、現在では独立時計師たちのベース・ムーヴメントとして採用されることも多いです。ドイツのNOMOS【ノモス】などは、このプゾー社のCal.7001の設計などをベースにしています。



■Peseux【プゾー】
1923年、スイスのヌシャテルに創業。少品種に搾ったムーヴメント展開で、高品位なムーヴメントをコストを抑えて様々なメーカーに供給していました。
1985年以降はETA社が生産を受け継いでいます。

■店長のひとこと
EPOSの中でも人気の高い手巻き腕時計。薄型ケースに綺麗なCal.7001ムーヴメントを搭載しています。薄型ケースに合わせて、革バンドも他のEPOSより薄めの革バンドを採用。

リューズも大きめで、引っかかりのある刻みリューズを使っており、ゼンマイの巻き上げもやりやすいです。そのため、ゼンマイも巻きやすい設計です。

実用的に便利な自動巻きも良いですが、機械式時計を動かしている実感を味わえる手巻き腕時計もオススメです。


生産国:スイス
スイス製手巻きムーヴメント搭載
Peseux/ETA7001ムーヴメント搭載
青ネジ
コート・ド・ジュネーブ仕上げ
機械が見える裏ブタスケルトン
ステンレスケース
革バンド
サファイアクリスタル
3気圧防水
メーカー保証付き

ケース直径 約39ミリ
ケース厚さ 約6ミリ
バンド幅20ミリ

入荷時期などにより急な仕様変更がある場合が御座います。




■スイスで毎年開催されている世界最大の時計展示会「バーゼルワールド」(通称バーゼルフェア)に、EPOS【エポス】社も出展しています。


スイス製ETA社のCal.7001
手巻きムーヴメントを搭載した
ケース薄さ約6ミリのEPOS【エポス】

現在でも、時計の基本的ムーヴメントとして
時計師からの支持が高いムーヴメント!

加坪屋なら送料&包装無料です!



■EPOS【エポス】の歴史
1983年、ピーター・ホッファー氏はスイスにて「Montres EPOS SA」エポス社を設立。
クォーツ・ウォッチが全盛期の頃に、機械式専門の時計メーカーとして数々の
機械式時計を製作していきます。

ETA社の機械式ムーヴメントをベースにして、時計師によるチューニングや特別なデザイン
を加えて、見ても楽しめるムーヴメントを製作。
また、入手が困難なヴィンテージ・ムーヴメントも調達して搭載していたり、
パワーリザーブ付き、ビックデイト、ムーンフェイズ、クロノグラフなどの様々な機構の
時計をリーズナブルな価格で製作&販売して、世界中の時計ファンから愛されている
時計メーカーです。

日本でも無名の状態で初上陸を果たしながらも、価格、デザイン、機能に優れており
時計ファンの間では一気に火がついた時計ブランドです。

■EPOS【エポス】の魅力
時計ファンに根強い人気&支持を受けているEPOS【エポス】その魅力は・・・。

・様々な機構のムーヴメントを搭載
時計史にも残るいろいろなムーヴメントを搭載しております。
世界最大のムーヴメントメーカーであるETA社の自動巻きムーヴメントや
懐中時計のムーヴメントとして製作されたユニタスの手巻きムーヴメント、
クロノグラフ専門のバルジュー、シンプルで基本的なムーヴメントのプゾー、
メンテナンス性を考慮して上質なア・シルトなど
多くの時計ファンを魅了するムーヴメントを採用しております。

・優れたデザイン性
長年愛用しても飽きのこないシンプルなデザイン・ウォッチから、
スポーツモデルやダイバーウォッチ、ミリタリー系、パイロットウォッチ・・・
懐中時計など、様々なデザインの時計を製作しているのも魅力です。

・リーズナブルな価格
なんと言っても、リーズナブルな価格設定というのが魅力的です。
スイス製機械式時計で、ムーヴメントや仕上げなどを他社メーカーと比較しても
圧倒的に安い価格設定にしております。

・他人とかぶらないマニアックな時計メーカー
EPOS【エポス】の時計が人気がある!と言っても、まだまだ根強い時計ファンの
間で人気がある程度になります。
他の有名時計メーカーと比べても、一般的な知名度というのは正直低いです。

「他人と同じ時計は嫌っ!」
「ロレックスやオメガなどの有名な時計じゃ無いのを探している」という
こだわりのある個性派にはオススメの時計ブランドです。


■初めての自動巻き腕時計としてオススメです!

自動巻きって何?

電池などを使わずに、ゼンマイと歯車で動く機械式時計になります。

ローターと呼ばれる半円形の部品が腕の動きにより回転して、その回転が歯車に伝達され
ゼンマイを自動的に巻き上げるムーヴメント(機械)です。
電池を必要とするクォーツ時計と異なり、部品や調整が必要な自動巻き時計は大量生産が
難しく、時計職人の手作業で組み立て調整がされております。
クォーツ時計にはない、機械式時計の良さを楽しんで頂ければ・・・と思います。

自動巻きの特徴

電池交換を必要とする時計とは異なり、電池交換は不要です。
そのかわりゼンマイを巻き上げないと動きません。
ゼンマイを全部巻いた状態でおよそ40時間前後動きます。

例えば、
毎日、朝出かける時に時計を着けて夕方帰宅して時計を外す生活の場合
ゼンマイが十分に巻き上げられている為、翌朝出かける時も動き続けてます。
しかし、休みなどで2日間時計を着けなかった場合は、時計が止まっている事があります。
その場合、軽く時計を数回振ると動作し始めるので、リューズで時刻合わせをしてから
時計を着用して下さい。

自動巻き時計の場合、精度など個体差があります。
さらに、使用環境によっても精度は異なります。
時計にもよりますが平均して実際に着用した状態で-15〜+40秒程度は許容範囲内になります。

電池交換は必要ありませんが、長年使用すると油切れ、汚れなどで止まったり遅れる事があります。
その際は、分解掃除(オーバーホール)をする事で、再度順調に動作させる事が出来ます。

自動巻きの歴史

歴史は古く、1770年代には「手でゼンマイを巻かなくても動き続ける時計機構」として
アブラハム=ルイ・ペルレとアブラアン=ルイ・ブレゲが懐中時計で自動巻きの機構を開発。
しかし、その後は自動巻きの開発が行われることがありませんでした。
1924年にイギリス人時計師ジョン・ハーウッドが特許を取り、1926年にFORTIS【フォルティス】社
の協力の下で、自動巻きを搭載した腕時計の製品化に成功!
その後、ROLEXがパーペチュアル機構を開発し、フェルサ社が両方向巻き上げ式機構を開発、
ロンジン社がラチェット式など様々な機構を開発し、現在でも改良を重ねられた
自動巻きムーヴメントが各メーカーから製作されております。

■店長のひとこと
自動巻き時計初めて・・・という方は結構いらっしゃいます。
今までお使いの電池交換を必要とするクォーツ時計から、利便さでは劣りますが
機械の醍醐味を味わえる自動巻き時計を楽しんでもらう1歩として
価格、機能面などでオススメの逸品です。

もちろん入門編というだけではなく、リーズナブルな価格の機械式時計で
複数持って楽しんで頂くこともできますし、時計マニアな方にも喜んで頂ける時計だと思います。

とりあえず、お手頃な価格で時計を楽しみたい!という方にぜひっ!!

■ムーヴメントのETA【エタ】社
スイスにある時計ムーヴメント製造会社です。
ETA社が生産する時計ムーヴメントの数は膨大で、スイス時計の8割以上に
ETA社が関わっております。

1856年にスイスのグレンヒェンでETA社が設立され、ムーヴメントの製造を開始。
1876年に腕時計のムーヴメントの製造も開始。
1905年にエテルナと社名を変更するものの、1926年にエテルナ社のムーヴメント製造部門
として分離して、ア・シルド【AS】社、フォンテンメロン【FHF】社とエボーシュSAを設立。
AS社、FHF社共に、当初は共同体とも言える組織で、それぞれ独自に活動しておりましたが
1970年代以降にはAS社、FHF社をETA社が合併」、統合します。
その他、独自のムーヴメント製造会社であったユニタス社、ヴィーナス社、プゾー社、バルジュー社
ランデロン社などと次々に合併。
1985年には合併、統合が落ち着き、現在のETA社に近い体制になります。

様々なムーヴメント・メーカーと合併しながらも、それぞれの特徴あるムーヴメントは
受け継がれており、ムーヴメント機構、品番などはそのまま現在でも採用されております。
時計業界全体に影響を与える程、存在の大きいムーヴメント・メーカーです。





クラシックナデザイン!薄型の手巻き腕時計です。

実践的メルマガ+コンサルティングレポート